Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡} このページをアンテナに追加 RSSフィード

木のほし・2008のとし・08の28のひ

[]ダイナマイトはてな ダイナマイトとはてな - Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡} を含むブックマーク はてなブックマーク - ダイナマイトとはてな - Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡}

http://jinriki.g.hatena.ne.jp/Yuny/20080825/p1

の続き。

なんだか、ノーベル賞のあのノーベルさんの逸話を思い出してしまいました。

もともと、鉱山開発などのために考えだされた爆弾(というか、ダイナマイト)の発明が、軍事に転用されてしまって、彼はそれを嘆いて、のちにノーベル賞を創設したっていう……うろ覚えですが、そんな話。


仮に、私が化学や薬科系の知識に詳しかったりとかして。

ダイナマイトの作り方を教えてください、っていうだけの質問が来たら、答えてしまうかどうか。何に使うかをとりあえずはてなメッセージで聞いてみて、知的好奇心とか小説執筆のためとかいわれてしまったら……答えてしまうかどうか。


その知恵や知識には罪は無いんですよ。

悪いのは、悪用する人間なので。

で、モニタのこちら側から、その知識を得た人が悪用するのかどうかを見抜くのは、まず無理。


昔はある種の資格がなくちゃ得られなかった知識が、今はネットで調べたり、調べてもらえたりできる。

コレ自体の恩恵は大きい。


でも、その知識をどう活用するのか。されるのか。

例えば自分が人力検索はてな管理人だったとして、ダイナマイトの作り方の質問を削除するかどうか。


ただ、一つだけいえるのは。

一般市民ダイナマイトなんか作らなくても、それなりに生活できるであろう、という見通しではあります。


でも、中にはこのことが分からないと生活できない人もいたりするの……かな?

小説執筆とかで、そういうのを調べるのは、たいていはネットよりは文献に当たった方がいいと思うのですが、この時代、ネットだからこそ教えてもらえたことも活用できたり。


今回の質問で、いろいろ答えてしまった人は、ノーベル氏と同じ苦悩を抱えることになりかねません。

でも、同じことはどんな知識にもいえて。DTPの質問に答えたら、偽札作りに活用された、とかいうこともあり得る。自分だったら、DTPは大好きな分野の一つなので、DTPの質問には可能な限り協力してしまうでしょう。同じことが、化学領域での爆発物の作り方とかにもいえると思う。その知識がないと取れない資格危険物取り扱い主任者とか、何となく多分そうなんじゃないかな?)もあるかもしれないわけで。


考えれば考えるほど、知識の悪用を止めるのは難しいなと思えて来ました。

そうなってくると、人間力で止めるしかないのかな。

コミュニティの雰囲気で、そういう質問は細心の注意を払うことを表明しないとできないようにするとか、そういう……。


ただ、Googleさんにはその種の論理が通用しない。

たとえばはてなで十分に注意することを表明して調べてもらえたし、質問者も悪意が無かったとしても。

ほかの悪意のある人が、google経由ではてなのその質問にアクセスして、爆弾を作り始めてしまうことはあり得る。


じゃあ、爆弾の作り方の質問、それ自体を削除すればいいのか?

でも、プログラムの知識があればウイルスは作れる、DTPの知識を使えばある種類の詐欺に応用できなくはない、そういうことを考えると、知識のジャンルに応じてあれはいいこれはだめ、って簡単には言い切れない気がする。


結局、社会性とかモラルとか想像力とかでどうにかするしか無いんだろうなあ、と、いうことしか思いつけません。

はてなさんがどうも静観の構えでいるっぽいのも、その辺りの判断が難しくて削除に踏み切れないところもあるのかな。


まあ、前からアダルト系の質問に付いて、削除するべきかどうかは議論されていましたが。今度は命に関わる質問か……。


そうなってくると、日本法律や慣例に基づいて考えて行くしかないのかな。

でも、ネットでの慣例って、たかだか10年の歴史でしかないんだけどな……。

質問に取り扱い注意とかの表示をする方法もあるけれど、そうすると別の問題が発生して。はてなで「取り扱い注意」で検索すれば、危ない質問にアクセスできるとか、そういうことになるからなあ。


考えれば考えるほど難しい問題だ、ということが、考えてみた結果分かりました。

……禅問答みたいだ。


まあ、ユーザとして出来ることは、危ない質問にはとりあえず近づかないことしかないのかもしれないですね。自衛策というかなんというか、ですが。

トラックバック - http://jinriki.g.hatena.ne.jp/Yuny/20080828
このグループについて
Copyright (C) 2004 hatena. All Rights Reserved.