Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡} このページをアンテナに追加 RSSフィード

火のほし・2005のとし・06の14のひ

[]難点いくつか。 難点いくつか。 - Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡} を含むブックマーク はてなブックマーク - 難点いくつか。 - Yunyの{まんぱわぁ遠眼鏡}

はてなアイデアの株システムの難点をいくつか書いてみます。

まず、何株が売りに出ているのか分からないことですね。使いづらさを感じたのですがこれは意図的なのかどうなのか。


それから、いくら高値がついても、それは結局のところはてなスタッフさんへの注目度を上げるだけです。

はてなアイデアヘルプにもありますが、高値の時価でもそれが倍になって還ってくる、と言うことはありません。

たしかに、アイデアの強いアピールをしたい場合、結果として損をしてでも上げておくというのも1つの方法です。

しかし、配当はあくまで実現への労力日数で決まるので、高く買ったアイデア株でも損をしてしまうことも十分起こります。配当の決め方に問題を感じます。実際の労力とニーズ度では、ベクトルが違うのではないでしょうか?


はてなスタッフkiyoheroさんの日記によれば、

http://d.hatena.ne.jp/kiyohero/20050613#1118668566

  • 平均して50件/1日のペースで要望が出ている。
  • 検討中却下等の状態変更を行うアイデアは5〜10件/1日。

検討される要望は10%から20%程度しか無い。また、いままで出された要望2493件中実装278件、却下52件。

要望するリスクに対してポイントバックが少ないと思います。こうしたことから、実現されやすい要望ばかりに注目が集まりがちになってしまうのではないかと思います。


また、先ほどのようにつらつらと解説の駄文を書きつつ、分かりにくいシステムだなあというのは強く感じました。こうやって、一度書いてみないと自分自身理解できないところもありましたので。

http://i.hatena.ne.jp/idea/2659

http://i.hatena.ne.jp/idea/2468

が株制度反対のアイデア、またDocSeriさんのhttp://d.hatena.ne.jp/DocSeri/20050613/1118645128という記事が株制度反対の意見のようですね。

はてなの想定は分かるのですが、難解なシステムはユーザ離れを起こすのではないかと心配になって来ました。その辺りはどうなのでしょうか。サイレントマジョリティ(声無き大多数)がふえるだけではないでしょうか?

今後の推移を見守りたいと思います。

このグループについて
Copyright (C) 2004 hatena. All Rights Reserved.